Akita newspaper featuring karate from 2001

説明が必要な不正確な日本の新聞 Rectifying the Record: Challenging an Inaccurate Newspaper Report in Japan

説明が必要な不正確な日本の新聞 Inaccurate Japan Newspaper Report. By Johnpaul Williams Introduction 10年以上にわたり、私は背後に潜むこの問題について考え続けてきました。今日、日本の友人からのTwitterメッセージに刺激され、事実を明らかにする必要を感じています。 Background 2001年の夏、具体的には7月28日、合宿中に大曲大仙市の地元新聞社が港沢支局で私に取材を行いました。 The Misrepresentation 掲載された記事は、私が決して行っていない発言を私のものとしています。それによれば、私は米国人として、「子供のころはワルだったが、空手と出会ってからは問題がなくなった。二段昇段試験を控えて少し緊張している。が、きっと大丈夫だ」と述べたとされています。 [caption id="attachment_1325" align="alignright" width="297"] Shoganai - July 28th, the local newspaper in Omagari Daisen Akita, Japan, Minato-Sawa Branch.[/caption] Clarification and Correction 掲載された言葉とはまったく異なる私の実際の発言について明確に述べました。私は具体的に、「子供の頃、いくつかの里親の家にいて、いつでもどこでも空手に戻った。」と伝え、その後、トラブルに巻き込まれないためにポリス・キャデッツ(ジュニア・ポリス・オフィス・プログラム - 警察官バッジ番号185B)に参加し、デアンザ・カレッジの刑事司法訓練課程に入る前に、常設の道場を見つけました。さらに、「私の道場ではすでに三段で、ここでの二段の試験もそれほど緊張していません」と続けました。 Impact and Offensiveness 新聞記事の不正確さは私だけでなく、ホストの道場や藤原先生、そして関わるすべてのアメリカ人に不快感をもたらしました。こうした誤伝には、新聞社または翻訳者が露骨な人種差別主義者であるか、悪意を持って誤りを広めた可能性があるという懸念があります。 Awaiting Resolution 今日に至るまで、その記事は不快に感じ、公式で公然とした謝罪を今も待ち望んでいます。 Conclusion この経験から、正確な報道と責任あるジャーナリズムの重要性が浮き彫りになります。私たちが生きる今の世界では、情報が簡単に共有・誤解される可能性があるため、特に公に発表された発言にはその信頼性を保つことが不可欠です。 Introduction For

Read More